VAPE is

VAPE is

VAPE、電子タバコについてのブログ

【レビュー】Arbiter Solo(OXVA)【捻るだけでボトム/サイドエアフロー切替】

f:id:calsonicz:20210719105952j:image

近々のOXVAの躍進はスゴイですね、PODのレビューをガンガン載せていたり新製品をバンバンはしていたりと。今回はそんなOXVAがリリースしたRTAアトマイザーのご紹介です。ドリチ根元を回すだけでボトム/サイドエアフローを変更できるのでリキッドのアタリを探りに行くときにも便利ですし大容量タンクで普段使いとしても優秀。そしてトップフィル、トップ吸気なので漏れにも強いです。

※電子たばこ(VAPE)は20歳以上を対象とした嗜好品です

スペック

メーカー OXVA
商品名 ARBITER SOLO
カラー 5色
種類 RTA
推奨吸引方式 MTL / DL
外周直径 25.1mm

高さ
(本体 / ドリチ含)

40.2mm / 52.2mm
タンク容量 2.0ml (4.0ml)
接続規格
(MOD / ドリチ)
510 / 510
BF対応 非対応
ポジピン突出し量 1.1mm
使用ネジ規格 六角、マイナス
ポスト数 Pisitive:1, Negative:1
エアフロー トップエアフロー
エアフロー調整段数 無段階調整
ドリチ内径 3.7mm

カラーバリエーション

f:id:calsonicz:20210719143716j:plain

5種類をラインナップ。

外観

外観についてレビューします。

外箱

f:id:calsonicz:20210719105857j:image

オレンジと黒の外観です。Arbiterとは〔運命などの〕 決定者,裁断者という意味があるそうです。

 

f:id:calsonicz:20210719105757j:image

裏面には内容物一覧やセキュリティースクラッチがあります。

梱包状態

f:id:calsonicz:20210719105734j:image

本体の上に備品類や取扱説明書が乗ってます。

パッケージング内容一覧

f:id:calsonicz:20210719105652j:image

  • Arbiter Solo 本体
  • スペアガラス(ストレート)
  • 備品バック①②
  • 取扱説明書

Arviter Solo本体

f:id:calsonicz:20210719105727j:image

今回はガンメタリックのご紹介です。艶消しの表面とこのゴツさがなかなかにカッコイイです。

 

f:id:calsonicz:20210719105741j:image

上面にはMTLとDLを切り替えるつまみがあります。

 

f:id:calsonicz:20210719105853j:image

底面は商品ロゴなどがプリントされています。

 

f:id:calsonicz:20210719105801j:image

トップキャップ下にエアー吸入口があります。リングを回すと開度を調整することが出来ます。

 

f:id:calsonicz:20210719105919j:image

絞るとこんな感じ。

スペアガラスタンク(ストレート)

f:id:calsonicz:20210719105922j:image

スペアガラスタンクが1つ付属します。標準ではバブルタンク(4ml)が装着されており、ストレートの場合、リキッド容量は2mlになります。

備品バッグ

f:id:calsonicz:20210719105716j:image

備品バック①にはDLドリチや替えのO-リング、工具などが入っています。

 

f:id:calsonicz:20210719105940j:image

備品バック②にはコットンとコイルが入っています。コイルはNi80のクラプトンコイルです。

取扱説明書

f:id:calsonicz:20210719105655j:image

日本語の記載はありません。

全分解

f:id:calsonicz:20210719105706j:image

ばらせる限りばらしてみました。それぞれ詳細に見ていきましょう。

ドリップチップ

f:id:calsonicz:20210719105947j:image

MTLっぽい内径細めでくびれたドリチです。

 

f:id:calsonicz:20210719105843j:image

内部はストレート形状。

トップキャップ

f:id:calsonicz:20210719105835j:image

トップキャップです。上部が回るようになってます。

 

f:id:calsonicz:20210719105928j:image

この上の部分をつまんで回すと

 

f:id:calsonicz:20210719105713j:image

下部の中心部が回ります。切り欠きがありここで下部パーツを引っかけて回します。

チャンバー

f:id:calsonicz:20210719105905j:image

トップエアフローを兼ねたチャンバーパーツです。

 

f:id:calsonicz:20210719105659j:image

上部にはトップキャップから出ている切り欠きのある突起をはめる穴があります。

 

f:id:calsonicz:20210719105555j:image

ここを回すとチャンバー内殻が回り、デッキと穴の位置関係を調整します。

MTL

f:id:calsonicz:20210719135718j:plain

MTLの時は小さい穴が一致し、サイドエアフローと若干のボトムエアフローになります。

DL

f:id:calsonicz:20210719135735j:plain

DLの時はボトムに繋がる経路が大きくなりサイドエアフローの穴が塞がります。

 

f:id:calsonicz:20210719105908j:image

チャンバーは緩いドーム形状です。

ガラスタンク

f:id:calsonicz:20210719105850j:image

ガラスタンクは標準でバブル(4.0ml)、スペアでストレート(2.0ml)が付属します。

コイル留めねじ

f:id:calsonicz:20210719111324j:image

六角のイモネジになっています。スペアも六角です。

デッキ

f:id:calsonicz:20210719105751j:image

これ以上ばらせませんでした。エアフローを変えるギミックのあるアトマイザーは基本デッキやチャンバーがばらせない様になってます。

 

f:id:calsonicz:20210719105824j:image

丸い穴はコイルサイドへ、下の長丸い穴はボトムへエアー経路が空いています。

 

f:id:calsonicz:20210719105747j:image

デッキ中央部はコの字型になっています。

 

f:id:calsonicz:20210719105915j:image

デッキ両サイドには深めのジュースウェルがあります。

 

f:id:calsonicz:20210719105645j:image

底面にはメーカーロゴなどのプリントがあります。

ポジティブピン

f:id:calsonicz:20210719105744j:image

ポジティブピンです。これを外してもデッキはばらせないので外す意味はあまりありません。

組立て

f:id:calsonicz:20210719105912j:image

ポジティプピンを締めます。

 

f:id:calsonicz:20210719105642j:image

コイル留めねじを締めます。

 

f:id:calsonicz:20210719105821j:image

チャンバーにガラスタンクを装着します。

 

f:id:calsonicz:20210719105552j:image

デッキと接続します。

 

f:id:calsonicz:20210719105827j:image

トップキャップを締めます。この時キャップ中央部の突起の切り欠きがチャンバーパーツの穴と一致するように装着してください。

 

 

f:id:calsonicz:20210719105804j:image

これで完成です。

実際に使用してみる

実際の使用感についてレビューします。

ビルド

f:id:calsonicz:20210719105813j:image

今回は付属したコイルとコットンをビルドしてみたいと思います。

 

f:id:calsonicz:20210719105933j:image

小ネタですがデッキのコイル足を通す部分に返しというかツメがついててコイルを締め込む際に足が逃げにくいような形状になっています。これは地味に便利。

 

f:id:calsonicz:20210719105831j:image

コイルジグにコイルを通します。

 

f:id:calsonicz:20210719105601j:image

デッキにコイルを装着し、留めねじを締めます。

 

f:id:calsonicz:20210719105558j:image

コイル形状は特にいじっていません。この位の位置(コイル中心がサイドの丸穴の中心と一致する高さがメーカー推奨ポジションとなっています。

 

f:id:calsonicz:20210719105944j:image

コイル足を処理します。なるべく根本から切らないとチャンバーと接触してショートしてしまいますのでご注意ください。

 

f:id:calsonicz:20210719105648j:image

装着完了です。

 

f:id:calsonicz:20210719105724j:image

10~15Wでじっくり焼入れします。

 

f:id:calsonicz:20210719105925j:image

某Marz〇4さんみたいに綺麗に焼けない、色を撮影できない(涙)

 

f:id:calsonicz:20210719105846j:image

付属するコットンはこんな感じで両サイドが靴紐みたいになっています。上手く使えば3回分くらいありそうな長さです。

 

f:id:calsonicz:20210719105955j:image

コットンの足はデッキより少し長い位が丁度良いです。

 

f:id:calsonicz:20210719105709j:image

コットン端を良い感じに漉いてジュースウェルに落とします。

 

f:id:calsonicz:20210719105754j:image

コットン端が底に着くかつかないかくらいの所がいいみたいです。

 

f:id:calsonicz:20210719105901j:image

ビルド完了!今回はKAMINARIのTHE APPLE&ICEを吸っていきたいと思います。
(某Marz〇4さんと被ってますが決して狙ったわけではありません)

 

f:id:calsonicz:20210719105838j:image

まずはコットンにリキッドを染み込ませます。

 

f:id:calsonicz:20210719105809j:image

リキッドチャージはトップキャップを外し、露出する穴(両再度)から実施します。

 

f:id:calsonicz:20210719105720j:image

完成!では吸ってみましょう。

テイスティング

しっかりリンゴ特有の甘みそして酸味のバランス取れた味わいで非常に美味しく吸えます。後述しますが手元で簡単にMTLとDLを切り替えられるので味の出方も微調整出来ます。これはかなり面白いです。MTLで絞ると咽るほどミスト濃度や味が濃くなる感じがあるのでDLで吸ったほうが私は好きでした。

ドロー

本機最大の特徴であるMTL/DL切替も同時にレビューします。

MTL/全閉

激重とまではいきませんがしっかり絞れます。重めMTLです。

MTL/全開

エアフローを開けていくとどんどん軽くなり超軽めMTL位まで調整出来ます。

DL/全閉

MTL/全閉と特に変わらない重さです。

DL/全開

MTL/全開に比べ明らかに軽くなります。中程度のDLかな?スカスカとまではいきません。吸気音もシュー(MTL)からシュコー(DL)という音に変わります。

エアフローの開度とMTL/DL切り替えにより重めMTL~中程度DLまで調整可能なのでかなり幅広い設定が出来そうです。これで美味しく吸えないリキッドは無いんじゃないか?と思います。

フィッティング

各MODとのフィッティング例をご紹介いたします。

CUBE-S - OBS

f:id:calsonicz:20210719105731j:image

MDURA - WOTOFO

f:id:calsonicz:20210719105738j:image

JELLYBOX MINI - RINCORE

f:id:calsonicz:20210719105605j:image

GAUR21 - VANDYVAPE

f:id:calsonicz:20210719105817j:image

径が大きめのアトマイザーなのでMODもゴツイ系が似合いますね!

さいごに

エアフロー切替式アトマイザーっていくつかありますがここまで手軽に変えれるのってあまり無いと思います。初めてのリキッドなどでアタリを出すときに重宝しそうです。

ゴツめなのでMODを選んでしまいますが使い勝手はかなり良いです。

これまで美味しく吸えなかったリキッドなどはこれで色々試してみようと思います。

気になった方は是非お手に取ってみて下さい。

購入

EVERZONで5% OFFになるクーポンコード

icchi

こちらも是非ご利用ください。


e-mail 広告収入について
©2020 VAPE is. All Rights Reserved.